代行依頼

合同会社設立を代行依頼する事も可能

代行依頼法人の設立例えば合同会社の設立を依頼して行うことも可能です。無論、誰に対して依頼をしてもいいわけではなく、士業の専門家に依頼料を支払って依頼して対応をお願いすることになります。
また、士業にはそれぞれ守備範囲があり、行政書士は役所への代行申請を行いますし、税理士は税金関係の届出を行います。社会保険労務士は社会保険、健康保険及び厚生年金への加入に関することを代行します。税理士は税務に関する届出を代行したりしますが、正式に顧問を依頼することによって、税務調査などにも対応をしっかりとしてもらえることにつながっていきます。

合同会社の設立については、通常であれば定款の作成を経てその認証を公証役場で受けます。認証後に法務局で登記を行う事になりますので、その申請に関する代行をその都度依頼するわけです。
合同会社の法人登記が完了すれば、その後に速やかに健康保険、雇用保険、厚生年金への加入をしなければいけません。条件に合致しない場合は加入をしなくてもよいとされていますので、事業が極めて小規模な場合はあらかじめ確認をしておくことが望ましいでしょう。加入をする場合は申請者自らが行うか、社会保険労務士に代行申請依頼を行うことになります。
合同会社が設立した段階で必ず行うこととしては、税金関係の届出を行う必要が生じます。国税は税務署が、地方税は都道府県税事務所、市町村役場がそれぞれ書類の提出を行うことになります。
こうした士業への専門家は、当然ながら他の仕事も引き受けていますので、事前のなるべく早い段階で、正式に依頼をして合同会社の設立に向けた対応を考えなければいけません。

合同会社の設立では、通常にあっては定款の作成を行い、その認証を受けてから法務局での登記に移ります。ここでは司法書士に依頼して法人登記の申請に関することを依頼して対応をお願いするわけです。
士業の専門家に依頼する場合は、それぞれ依頼料が発生します。多いところでは数万円から数十万円に至る場合もあり、相応に費用がかかります。このことを念頭に置いてその上で法人設立を考えることがとても大切なことになります。
士業に依頼することで、ある程度は申請者に時間がとれるようになります。歯間がある程度まとまったものが確保出来れば、その分だけ他の事柄に時間を割けます。法人の登記が完了すれば、すぐにやるべき事などの対応に移れるでしょう。専門家に依頼することで時間を確保出来るようになるわけです。